ライン

ポイント:メモリーが沢山乗せられるので…

ライン

 Windows 7/64Bit メモリー16GBで使う

Express5800/S70 Type:PJ (NP8100-9021PS04)

 ここ1年間も安売りしていた通称「鼻毛」サーバです。

 このマシンはサーバ用途ながら、PCとしても使える前提に作られているようで、サウンド機能などがついていたりします。
もちろん、Windows XPやWindows 7が動作。しかも静音。
 送料込みで2万円以内で購入できることが多く、既にそういう使い方で使うために保有している方だらけと思われます。

CPU Intel Pentium G6950(2コア 2.8GHz)
メモリ ECC あり/なし でも可能。
DDR3-1333 SDRAM-DIMM
16GBまででしたので、安価なメモリーと入れ替え済
HDD 元々のものから交換
2TB
光ドライブ 消音な2千円クラスのものと交換。
DVD-RAMも可能なものにしました
マウス ロジテックのワイヤレス式のレーザーマウス。
USB延長ケーブルをマウスの都合の良い位置に置いて使用
ディスプレイ
アダプタ
RADEON HD 5450(PCI-Express)
HDMI経由でモニター接続
NIC 1000Base-TX対応
電源 400W
キーボード NEC製品は使いづらかったので安価なものと交換

 現状こんな感じ。とにかく、暑くならないし、ファンの音もほとんど聞こえずな静かなPCとして利用中。
OSはWindows 7 64BitのProfessional版です。

 さて、このページのタイトルとは別で最初は、RAMDiskの使い勝手のページになっています。
Express 5800 S70の使い方などで更新があれば、このページ内に更新する予定です。

 RAMDISkにしてみる

RAMDisk - Software - Server Memory Products & Services - Dataram

 ということで、以下のような状態にあります。

 仮想OSを動かすにしても、メモリーたっぷり状態。
RAMDiskというのは、雑誌やネットでも知っていたけど、入れて試すのは初めて。

 いろんな方のページを参照しました。
 まず、ダウンロードページを参照し、ファイルを取得します。

Dataram_RAMDisk_V3.5.130R20.msi というファイルでした。
導入は、特に選択する箇所なしという感じでした。
RAMDisk Configuration Utility を選択します。
すると、広告が表示されるとともに、ユーティリティが表示されてきました。
メモリーサイズは、みんな 4092Mにしているようなので、便乗。
Unformatted で選択します。
Start RAMDiskをクリックしましょう。
うまくいったようです。
ディスクの管理を起動してみましょう。
いました、いました。
ドライブ名は、Tにしてみました。
さて、フォーマットはNTFSにし、ボリューム名はそのままRAMDISKにしました。
クイックフォーマットで圧縮指定を有効にすることにします。
この辺りは、何故?は調べずに皆の真似。
RAMDISKの保存先と復元元の指定ということだそうです。
私はDドライブが余裕があるので、そちら側に指定。

一度、ここで Save Disk Image Nowをクリックし、該当するイメージを作成しておいてください。
さて、IEの指定を変更してみます。
RAMDISKのドライブを指定すれば完了です。

さて、設定プログラムを終了させると、以下のような表示が出ます。
はい、を答えるとリブートします。

 こんな感じで設定して、再起動をしてうまく動作してくれるかを確認します。

 どこまでをやらせるか

試行錯誤

 体感として、もうちょいだけ速いとうれしいけど、これまでのHDDとそんなに変わった気がしていません。
速いのは、シャットダウン時は明らかに速いと思うけど。
 起動やアプリに起動は、普通にあがってきている感じです。

再起動を入れます。
作成フォルダの中身を確認してみました。
通常は見えないフォルダ等で作成されていました。
確かにシャットダウン時には10秒程度、これまでよりも時間はかかるようになりました。
しかし、問題のない範囲でした。

問題なく利用できている感じです。

 利用の体感

体感確認中

 本文中に書いた通り、シャットダウンた起動時に読み書きする分、時間がかかるようになりました。
ちょっと長いかなと思ってしまう程度ですが微妙なところです。
 PhotoShop起動設定を変え、初回以降の起動までの時間は短くなりました。
ワードやEXCELの起動は非常に速いです。ノートパッドの起動と変わらない程度に…。

 もうしばらく使って、良い面や不具合を確認してみようと思います。
現時点だと、なくてもいいかも…に1票入りそうです。

【改訂履歴】作成:2011/10/16
【参考リンク】

れんとろぼろぐ メモリ増設してWindows7 64bitでRAMディスク環境…参照させていただきました。わかりやすくて助かりました

デル株式会社
Copyright © 1996,1997-2006,2007- by F.Kimura,