ライン

ポイント:これまでの通り導入できる

ライン

 はじめに

FreeBSD 9.1-RELEASE

 動作環境:ESX 5.0 Update1 (無料のHypervisor)のゲストOS環境として導入を行います。
環境は以前作成したままでしたので、まずパッチを当てることから始めます。
 パッチファイルである「ESXi500-201209001.zip」をVMwareのページより入手する。

 これを容量的な問題があるので、適当に設置を行う。
上記の例では、DISK3の上にtmpを作成し、chmod 777 tmpにしてファイルを置きました。

# /sbin/esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/DISK3/tmp/ESXi500-201209001.zip
Installation Result
   Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
   Reboot Required: true
.
.

ここでESXiをリブートします。
ちゃんと正常にあがってくるようです。

 バージョンの値もちゃんと上がっていることを確認することができました。
では、いつもの通りにOSの導入のための準備です

 導入

VMwareの設定

 仮想ゲストOSの設定をします。

 このあたりは適当ですませてしまいました。

OSの導入

 まずは、ISOイメージのダウンロードから。
ftp2.jp.freebsd.orgからFreeBSD-9.1-RELEASE-amd64-disc1.iso を入手しダウンロードしておきます。

1. Boot [ENTER]そのまま。
<Install>をそのまま。
ここもYesでそのまま選択。
Japanese 106を選択します。106xはCapsLockキーとCtrlキーの位置が入れ替わっているものになるようです。
そちらがいい人は106xを選択します。
ここはホスト名を入力。
ゲームは外してみました。
<Guided>を選択
<Entire Disk>を選択
今回、またRAID 0で動作させようということで、VMwareのストレージのそれぞれに70GBを確保。
とりあえず、da0側に導入します。
パーティション側を選択します。
Finishを選択すると、以下のようにCommitを求められます。
この後導入が開始されます。
意外にこれまでよりも導入に時間がかかってる…というか、サーバがうるさいからって、LANのない隣の部屋において、通信は無線LANにしているんだっけ…。

この後はrootのパスワードを聞かれますので入力します。
その後、ネットワークの選択です。
IPアドレスとサブネットマスク、デフォルトゲートウェイのアドレスを選択。
resolv.confの設定
いつも通りに、日本で選択。
システム設定では、sshdとntpdを選択しました。
クラッシュダンプは、サポートを受けているわけでもないので、取得しない方針にしました。
ユーザは1つだけ先行して作成しておくことにしました。
ここで完了です。

 これまで通りの導入でした。時々画像を以前のままになっているのは、差し引いて参照ください、ってことで。

portsnap

 portsnapで最新を入手します。

# portsnap fetch
ooking up portsnap.FreeBSD.org mirrors... 6 mirrors found.
Fetching public key from ec2-ap-northeast-1.portsnap.freebsd.org... done.
Fetching snapshot tag from ec2-ap-northeast-1.portsnap.freebsd.org... done.
Fetching snapshot metadata... done.
Fetching snapshot generated at Sat Dec 15 09:07:00 JST 2012:
40c2a0da6291390a3f2bf8577827b48ce43462d8a29b91100% of   67 MB 1637 kBps 00m00s
Extracting snapshot... done.
Verifying snapshot integrity... done.
Fetching snapshot tag from ec2-ap-northeast-1.portsnap.freebsd.org... done.
Fetching snapshot metadata... done.
Updating from Sat Dec 15 09:07:00 JST 2012 to Sat Dec 15 21:16:24 JST 2012.
Fetching 4 metadata patches... done.
Applying metadata patches... done.
Fetching 0 metadata files... done.
Fetching 22 patches.....10....20. done.
Applying patches... done.
Fetching 3 new ports or files... done.

 上記の通り、約2分程度で最新のものがダウンロードされます。

 次に、/usr/ports以下に解凍しましょう。

# portsnap extract

 完了後、 portupgradeを導入します。

# rehash
# cd /usr/ports/ports-mgmt/portupgrade
# make install clean
===>   Installing ldconfig configuration file
===>   Registering installation for portupgrade-2.4.10.3,2
===>  Cleaning for ruby-1.8.7.371,1
===>  Cleaning for ruby18-bdb-0.6.6
===>  Cleaning for automake-1.12.5
===>  Cleaning for autoconf-2.69
===>  Cleaning for db41-4.1.25_4
===>  Cleaning for perl-5.14.2_2
===>  Cleaning for automake-wrapper-20101119
===>  Cleaning for m4-1.4.16_1,1
===>  Cleaning for help2man-1.40.13
===>  Cleaning for gmake-3.82_1
===>  Cleaning for autoconf-wrapper-20101119
===>  Cleaning for p5-Locale-gettext-1.05_3
===>  Cleaning for gettext-0.18.1.1
===>  Cleaning for libtool-2.4.2
===>  Cleaning for libiconv-1.14
===>  Cleaning for portupgrade-2.4.10.3,2

 Perlなどの必要な物は、これで導入されるのでしばらく終わるのを待ちます。
終わったら、.cshrcの修正や/etc/make.conf やrc.confなどに修正を入れておきます。
 また、hosts.allowなども忘れずに。

gmirror

 さて、なんだかディスクの状態がおかしいので、ミラーリングを早めにやっておきます。

# camcontrol devlist
<NECVMWar VMware IDE CDR10 1.00>   at scbus1 target 0 lun 0 (pass0,cd0)
<VMware Virtual disk 1.0>          at scbus2 target 0 lun 0 (pass1,da0)
<VMware Virtual disk 1.0>          at scbus2 target 1 lun 0 (pass2,da1)
# gpart backup da0 > da0.gpt
# cat da0.gpt
GPT 128
1   freebsd-boot        34       128
2    freebsd-ufs       162 138411904
3   freebsd-swap 138412066   7340032
# gpart restore -F da1 < da0.gpt
# gpart show
=>       34  146800573  da0  GPT  (70G)
         34        128    1  freebsd-boot  (64k)
        162  138411904    2  freebsd-ufs  (66G)
  138412066    7340032    3  freebsd-swap  (3.5G)
  145752098    1048509       - free -  (512M)

=>       34  146800573  da1  GPT  (70G)
         34        128    1  freebsd-boot  (64k)
        162  138411904    2  freebsd-ufs  (66G)
  138412066    7340032    3  freebsd-swap  (3.5G)
  145752098    1048509       - free -  (512M)
# gpart bootcode -b /boot/pmbr -p /boot/gptboot -i 1 da1
bootcode written to da1
# shutdown -p now

 そして、動作しているゲストOS(FreeBSD)をシャットダウンします。

強制的にBIOSセットアップで、CD-ROM起動をハードディスクよりも高く設定し直し、インストールで使ったCD-ROMを再度マウント状態にする。
上記、すっとぼけて、パワーオン時起動遅延を15にしていますが、これだと間に合いません。mSが単位ですからね。
10000して利用してください。十分かと思います。
起動してきたら、FIXITの代わりに < Live CD> を選択。
ログインプロンプトが来るので、"root"と入力。

 その後は、コマンドの入力をしていきます。

root@:/root # kldload geom_mirror 
root@:/root # gmirror label -vb round-robin p1 /dev/da0p1 
GEOM_MIRROR: Device mirror/da0p1 launched (1/1).
Metadata value stored on /dev/da0p1.
root@:/root # gmirror label -vb round-robin p2 /dev/da0p2 
GEOM_MIRROR: Device mirror/da0p2 launched (1/1).
Metadata value stored on /dev/da0p2.
root@:/root # gmirror label -vb round-robin p3 /dev/da0p3 
GEOM_MIRROR: Device mirror/da0p3 launched (1/1).
Metadata value stored on /dev/da0p3.
root@:/root # gmirror status 
Name         status     Components
mirror/p1    COMPLETE    da0p1 (ACTIVE)
mirror/p2    COMPLETE    da0p2 (ACTIVE)
mirror/p3    COMPLETE    da0p3 (ACTIVE)
root@:/root # gmirror insert p1 /dev/da1p1
GEOM_MIRROR: Device p1: rebuilding provider da1p1. 
GEOM_MIRROR: Device p1: rebuilding provider da1p1 finished.  
root@:/root # gmirror insert p2 /dev/da1p2 
GEOM_MIRROR: Device p1: rebuilding provider da1p2. 
GEOM_MIRROR: Device p1: rebuilding provider da1p2 finished.  
root@:/root # gmirror insert p3 /dev/da1p3 
GEOM_MIRROR: Device p1: rebuilding provider da1p3. 
GEOM_MIRROR: Device p1: rebuilding provider da1p3 finished.  
root@:/root # gmirror status 
     Name    Status  Components
mirror/p1  COMPLETE  da0p1 (ACTIVE) 
                     da1p1 (ACTIVE) 
mirror/p2  DEGRADED  da0p2 (ACTIVE) 
                     da1p2 (SYNCHRONIZING, 0%) 
mirror/p3  DEGRADED  da0p3 (ACTIVE) 
                     da1p3 (SYNCHRONIZING, 0%) 
root@:/root #  mount /dev/mirror/p2 /mnt 
root@:/root #  cd /mnt/etc 
root@:/root #  vi fstab 
# Device                 Mountpoint       FStype    Options  Dump   Pass# 
/dev/mirror/p2        /                     ufs         rw         1         1 
/dev/mirror/p3        none                swap      sw         0         0 
(上記を追加) 
root@:/root #  cd /mnt/boot 
root@:/root #  vi loader.conf 
geom_mirror_load="YES"
(上記を追加) 
root@:/root #  reboot 

 vSphere Clientのコンソール上の操作が106キーボードになっていないのが苦痛でしたけど、入力終了。

# df
Filesystem     1K-blocks    Used    Avail Capacity  Mounted on
/dev/mirror/p2  38577660 1981296 33510152     6%    /
devfs                  1       1        0   100%    /dev
# gmirror status
     Name    Status  Components
mirror/p1  COMPLETE  da0p1 (ACTIVE)
                     da1p1 (ACTIVE)
mirror/p2  DEGRADED  da0p2 (ACTIVE)
                     da1p2 (SYNCHRONIZING, 2%)
mirror/p3  DEGRADED  da0p3 (ACTIVE)
                     da1p3 (SYNCHRONIZING, 54%)

同期が取れたら完了です。

 導入終了

ディスクのエラーが気になる

 使い古したSATAのディスクを何本か入れて使っているのですが、エラーが出ているみたいで慌てました。
どこかで入れ替えないとダメでしょう。これもまた練習になるのでいいのかも知れませんが。


【改訂履歴】作成:2012/12/15 更新:

【リンク】

デル株式会社

Copyright © 1996,1997-2006,2007- by F.Kimura,