ライン

ポイント:*

ライン

 はじめに

 FreeBSDのツールが追加されていたので試してみることにしました。 FreeBSD 10.0で入ってくるものみたいです。
FreeBSD Services Control family of utilties。portsではfscというネーミングで登録されているようです。

 導入

sysutils/fsc

 導入することにします。

# cd /usr/ports/sysutils/fsc
# make install

 導入したのは、fscadmとfscd の2つ。その他manやスクリプト。

 なんだか、スクリプトに設定が不足するみたいだ。
どういうことなんだろう。

# chmod 555 /usr/local/etc/rc.d/fscd

 また、設定ファイルの/etc/fscd.confには何を入れるべきだかわからない。(/usr/local/etcにして欲しいのに)
まずは、/etc/rc.conf に

fscd_enable="YES"

を加えておく。

情報を探す

 manに書かれている情報などでは、いまいちわからなかったので、http://people.freebsd.org/~trhodes/fsc/ を参照する。
また、http://www.freebsd.org/news/status/report-2010-07-2010-09.htmlなどもみておく。

FreeBSD Services Control is a mix of binaries which integrate into the rc.d system and provide for service (daemon) monitoring.
It knows about signals, pidfiles, and uses very little resources.
The fsc daemon (fscd) runs in the background once the system has started. Services are then added to this daemon
 via the fscadm control utility and from there they will be monitored.
When they die, depending on the reason, they will be restarted. Certain signals may be ignored (list not decided),
 and fscd will remove that service from monitoring.
Every action is logged to the system logging daemon.
Additionally, the fscadm utility may be used to inquire about what services are monitored, their pidfile location, and current process id.
FSC provides several advantages over the third-party daemontools package.
For example, fscd uses push notifications instead of polling; fscd is an internal,
 FreeBSD-maintained software package accessible to all developers where daemontools would have to be a port and require us to maintain patches;
 fscd could be easily integrated with the current rc.d infrastructure.
Partially based on the ideas of daemontools and Solaris Service Management Facility (SMF),
 this could be an extremely useful tool for FreeBSD systems.
Since the last status report, two bugs have been fixed and the documentation has been updated. In the coming weeks we hope to get
 more developer attention and review, perhaps even push to commit the code into FreeBSD.

/etc/fscd.conf にはとりあえずで「sshd」を入れておいた。
/usr/local/etc/rc.d/fscdは、導入先と一致していない記述があるので

command="/usr/local/sbin/${name}"

と変更して起動させてみた。

# /usr/local/bin/fscadm status
The fscd pid is 6972.
process name                             pid
--------------------------------------------------
sshd                                     1085

動作していることは確認。namedなども入れて試していました。
いまいち、あげ落としなどもうまくないし、PIDファイルが生成されてこないとかうまくいっている感じがしないので、
様子見にしておこうと思っています。

後日また更新することにします。


【改訂履歴】作成:2012/ 6/ 9 改訂:
【参考リンク】

Copyright © 1996,1997-2006,2007- by F.Kimura,

design テンプレート