ライン

ポイント:安定してきたこの時期に試す

ライン

 導入

 HP Proliant ML110 G5上のESXi のゲストOSにHome Serverを導入してみようと思います。
でもライセンスは初期のバージョン…。
 ネットから試用版を持ってきて試す方向でやってみようと思います。

 Windows Home Server Power Pack 3 評価版 はネットからDVDのISOイメージがダウンロードできます。
入手したISOファイルを、クライアントのPC上に置き、ESXi 4.1のサーバに入れる準備を開始しました。

新規仮想マシンの作成を選択し、構成をカスタムで開始します。
順調に開始していきます。
む! こんなところに落とし穴。30GBでは不足するようだ。
変更。
「開始」を押す。
このフォーマットが時間がかかる。最初にハードディスクの選択を考慮しておけば良かったかも。
ここでリブートが行われる。
一度起動してくると、またリブートするようだ。
またまた、リブート。
この後は、もう何度実施されるか不明になってきたのでキャプチャーは適当に。
ちょっと時間かかりすぎだな、という感じ。

 Windows 2003/2008のサーバを導入する方がよっぽど早く導入ができるので、ちょっと不満かな。

 サーバとしての利用を試す

 (これから作成予定)
…だったのですが、ESXi用の起動用USBメモリーとハードディスクの問題でいったん消してしまったので、中断状態。

 まとめ

 仮想環境の中で動作を行うことは可能そうだった。
自宅でHome Serverを動かしておくメリットはまだまだ見つけることは難しい気がした。

 サーバとしての使う用途は、ファイルサーバやプリンタサーバになるのだろうか(記述を徐々にはじめたところです)


【改訂履歴】作成:2010/10/10  改訂: -/-/-
【参考リンク】



Copyright © 1996,1997-2006,2007- by F.Kimura,