ライン

ポイント:ディスクレスでWindows 7を起動

ライン

 INTEL EXPI9301CT を使う

ギガNICを新規購入

 FreeNASのiSCSIストレージから起動させたディスクレスなマシンを作成してみたく、試してみました。

 iSCSIを経由したブート起動をさせるには、これに対応したネットワークカードが必要ですが、結構高価なものばかりです。
しかし、ウェブ検索するとインテルのEXPI9301CTというのがアマゾンで3K円程度で入手できるとのこと。
 昨日、大手町に行った帰りに秋葉で値段を確認すると、TWOTOPで4.8K円。これは通販がいいよな、と買わずに歩いていると、途中のお店で3.38K円で売っているのを見つけた。これぐらいの差なら買ってしまおう…ということでお持ち帰り。

 どこのページにも書かれている通りですが、CDとロープロファイル用のパーツが入っています。

 Windows 7 64bitのマシンに入れてみて動作確認。問題なし。
通信速度を確認してみたけど、気休め程度はこれまでよりも速い数値は出ている感じ。
iSCSI LANには良さそうな感じだ。
 Miscrosoft Updateでドライバの更新がされるようだ。

 更新にはリブートを伴いました。(他も一緒に更新したせいもあるとは思うけど)

 ブート確認

PXEが可能か、設定メニューが表示されるか

 iSCSIブートの確認有無以前に、PXEブート表示がされてこないのでは厳しいので、一度再起動を実施しました。
これは心配のしすぎだったみたいで、問題なし。
 起動タイミングで表示後2秒以内にCtrl + Sキーを押すと、設定画面に移行する。
 Intel Boot Agent GE v1.3.21 Setup Menuと表示された。
Networl Boot ProtocolにはPXEしか選択できずだった。iSCSIが存在していない。

 …ということで、他のページの皆さんに同様、ツールをインターネットからダウンロードしてくることになります。
Intel(R) Ethernet Connections Boot Utility, Preboot images, and EFI Drivers
ファイル名:PREBOOT.EXE バージョン:16.6 日付: 2011/09/30
をダウンロードした。PREBOOT.EXEは解凍すると、

 のように、いろいろ入っているようだ。

 トップにあった、index.htm をクリックするとメニューが表示される。

 さらりと内容を確認して、USBメモリー起動で更新作業を実施することにする。

 USBメモリー起動でアップデート

USBメモリーでブートするように準備

 以前実施したように、USBメモリーで更新用のブートディスクを作成することにする。
HP USB Disk Storage Format Tool - v2.1.8 をページより入手。ダウンロードすると「SP27608.exe」という実行ファイルがあり、解凍すると5ファイルがとなる。

 C:\DriveKey\HPUSBFW.EXEに導入がされました。
管理者で実行し

ネットから、
Windows 98 System Filesを参照し、win98boot.zipを入手。
デスクトップ上において、以下のようにする。
クイックフォーマットと、FAT32に指定しただけです。

 さらりと内容を確認。
PREBOOT.EXE を解凍したフォルダをUSBメモリーにコピーしてUSBブートで起動する。
DOSが起動するので、

> 
> cd PREBOOT\APPS\BootUtil
> DOS\BootUtil 
> DOS\BootUtil -update=iscsi -nic=2

のような流れで完了。bootutil -? でヘルプ表示がされる。
nic=2を指定したのは、オンボードが1として見えていたので、これを更新しないようするために、あえて指定した。
単純に dos\bootutil とすると、現状のポートが一覧で見えてくるので、確認して指定すれば良い。

再起動されてくると、PXEではなく、iSCSIブートになっていることが確認できました。
BIOS設定画面の前に、CTRL + Dで設定画面でiSCSIの設定画面が確認できました。
[P]を押してPromaryとして有効とします。

設定画面は、使用しているOS上でも行うことができるようです。
Network Adapter Driver for Windows Server 2008 R2 で PROWinx64.exe 側をダウンロードします。
実行することにします。

 この段階でもOS上からの設定ができるようになりませんでした。(サポートOSにないのだから仕方ないだろう)
FreeNASでのiSCSI設定の確認をすることにします。

この状態を再確認して、iSCSIの起動画面上に設定を正確に入れ直します。

Initiator (DHCPにチェック)
Initiator Name: iqn.2011-11.fkimura

※イニシエータ名なんて何でもいいし、割当IPも好きにしてくれていいので、このまま。

Target(DHCPのチェックを外す)
Target Name: iqn.2011-xx.fkimura.com.istgt:iSCSI-fkimura
Target IP: 192.168.1.60
Target Port: 3262
Boot LUN:0

とした。ターゲットIPは、FreeNASのIPアドレス。ポートは上記の通り、使用するために設定したポート番号。
ターゲット名は、正確に該当する名前にします。
設定後の画面では、ちゃんと200GBの容量を表示してくれました。

ハードディスクを外して、Windows 7 Enterpriseの導入DVDを入れ起動。
導入は正常に完了できました。すばらしい。

しかしながら、なんかもっさり感が大きく。Windowsの起動時のログ表示までもかなりかかる。

え~っというぐらいディスクが遅い状態にある。起動が遅いのも、使っていて遅いのもこれが原因だろう。

元々の状態に戻し(ハードディスクの環境)、Windows 5のiSCSIイニシエータで接続した状態で同じディスクを計測してみる。

これ位は出るよなぁ…。
iSCSIブートで、ディスクレスで使うというのはなかなかいろいろありそうです。

 課題解消

実用に向けて

 想像はついていましたけど、iSCSI LANとインターネットに接続するLANを分けました。
ネットワークは同じでもかまわないのですが、

Initiator (DHCPにチェックをはずす)
Initiator Name: iqn.2011-11.fkimura
192.168.1.11
255.255.255.0
0.0.0.0

Target(DHCPのチェックを外す)
Target Name: iqn.2011-xx.fkimura.com.istgt:iSCSI-fkimura
Target IP: 192.168.1.60
Target Port: 3262
Boot LUN:0

のようにしました。OS上のオンボードNICをデフォルトゲートウェイのある設定にし、iSCSI向けのNICは同様にスタティックなIPを振りました。

 その後は上記のように改善し、通常使っていても気にならない程度に落ち着いています。
起動時間は相変わらずかかっていますが、我慢できる範囲と思います。
 iSCSIを使わない時には、iSCSIをCTRL + DでDisableにしてもいいし、FreeNASがあがっていなくても良いので。
そういう切り替えで良いかと思います。(そのままだと、アニメーションロゴのところでだんまりをしばらくされてしまうのでお勧めではないけど)

デル株式会社
Copyright © 1996,1997-2006,2007- by F.Kimura,