ライン

ポイント:以前の慣れを捨てられない人が多い

ライン

 はじめに

Office 2003バージョンアップ

 多くのオフィスには未だにOffice 2003ユーザが多いようです。使い勝手やファイルの保存形式が変わってしまい、未だに混乱するオフィスの話題が聞こえてきます。
 今回は、そんな毎度の案件に対応するための備忘録を残します。

 Windows XPがWindows Vistaにうまく移行が進まなかったように、OfficeアプリケーションもOffice 2003からOffice 2007への乗り換えはうまくいっていません。ボリュームライセンスプログラムでOffice 2007を購入している場合には、ダウングレード権を使って下位のバージョンを導入利用することができます。ダウングレードを使うためには、メディアとプロダクトIDが1つでも保有している必要があります。
 今回のページでは、ボリュームライセンスに関する話題を書くつもりはありませんので、ダウングレード権に関する話題はここまで。

 現時点で、パッケージ版のOffice 2003の新規パッケージを購入することが難しいでしょう。新規でオフィスアプリバンドルのPCを購入すれば、オフィス 2007になっています。そういう状況になるオフィスや家庭などで必要な準備についてを以下メモとして残します。

 Office 2007とOffice 2003と共存

保存形式の違い

 Office 2007発売当時の雑誌記事などには多く出ていたはずと思いますが、このバージョンになっていからOpen XMLという形式でファイルが保存するように変更されています。EXCELやWORD、Power Pointを保存すると、今までとは異なるファイル形式になってしまい、今までファイルのやりとりをしていた他の人が、「××さんから送ってもらったファイルが開けませんよ。」という話になります。
 XLS WRD PPTと見慣れたファイル拡張しではなく、XLSX WRDX PPTX のように「X」が加わったファイル名になっているのです。

保存するときに、2003形式で保存する

 最も問題がないのは、Office 2007のユーザがファイルを保存する際に Office 2003形式で保存することが適切。
しかし、毎回この操作を繰り返して使うのは使いづらいのです。
 そこで、初期値を 2003形式に変更してしまうことで混乱を避けることが現時点での推奨いたします。

以下は、EXCEL 2007の例ですが、そのまま保存しようとすると、 .xlsx という形式に保存されます。

 この初期値(デフォルト)を変更するには、EXCEL WORDなどそれぞれのアプリごとに保存初期値を変更する必要があります。

 さて、それ以前に、1つ作業をしておきましょう。今まで Office 2003を使ってきた人には、それ以外でもメニューの配置などが大幅に変更されてしまい、苦労していることでしょうから、便利なアドインツールを導入しましょう。Office 2007 オールドスタイル メニュー アドインです。フリーウェアなので、費用がかかることはありませんので導入を済ませてしまいましょう。

 話題は戻って、保存形式の初期値の変更作業を再開します。
 下記はEXCELの例ですが、以下の操作によりオプション画面を選択します。

 ファイルの保存形式の初期値が「Excel ブック(*xlsx)」になっていることが確認できたと思います。
今回はここを修正する設定を行います。

 いつもの見慣れたファイル形式を見つけて選択することができました。
OKを押すことで以降は、今までの形式で保存することができるようになります。

 以下同様に、ワードやパワーポイントの設定も変更していきましょう。
 パワーポイントやワードでも同様に今まで通りの設定を見つけ出すことができたと思います。
アドインを入れない時の設定方法は、普通に検索ページで見つけ出せるはずなので、ここでの説明は割愛します。
Microsoft Office 互換機能パック

 上記の変更によりファイルのやりとりで文句を言われなくなったのではないでしょうか。
でも、前著の通り、Office 2003からOffice 2007への移行は進んでいきますので、同じオフィスにいる人たちがOffice 2007形式を読めるようになってもらう必要が出てきます。
 そんなときに、補助的に導入するのが互換パックです。Office 2007以前のPCに、Microsoft Office 互換機能パック Service Pack 2 (SP2)をインターネットからダウンロードし、導入しましょう。これを導入することで、Office 2007形式を読めるだけではなく、同形式での保存もできるようになります。Office 2003 (EXCEL 2002など)やOffice 2000に対応できていますので是非導入がお勧めです。
 このプログラムの導入に必要な前提ソフトがあったりや、その後にMicrosoft Updateにより最新の状態に更新してから利用する必要がありますので、その辺りも実施しておきましょう。

マイクロソフトオフィスを導入しない選択

 この説明も入れておかないと、この説明が必要になりそうな気がしますので追記しておくことにします。
オフィスソフト互換に、OpenOffice.orgというフリーウェアのオフィスソフトがあります。OOoと略称することもあります。
このアプリケーションは、インターネットからダウンロードして導入することで無償で利用することができますので、高価なMS Officeを購入しなくても済みます。ただし、あくまで互換なので、EXCELなどのマクロが動かないとか、同様の表示ならないなどの問題が生じることがあるかも知れません。
 また、商用でKingsoft Officeという製品があります。これは、非常に見かけ使い勝手を含め、Office 2003そっくりな商品で約5000円で購入することができるものです。現在までにこの製品にマイクロソフトは黙認状態に見えるので販売を継続されていますが、いつつぶしにかかるかも知れませんので、個人的には推奨しにくいです。しかし、Office 2003が購入できない現在でOffice 2007では困るという人が購入するには1つの選択なのかも知れません。昨年後半辺りから量販店での販売が自粛されているようにも見えるので、今後はどのようになっていくかは様子を見ておく必要があるかも知れません。

StarSuite

 上記に書いたOOoの製品版がStarSuite。サン・マイクロシステムズで発売していて、パソコンショップや書店で購入することができます。
ちなみに、VirtualPCやVirtualBox上にOpen Solarisを導入することで、無償でStarSuiteやATOKが利用できるというような方法もあります。
Windows XP Vista 7などで利用してみるという方でそんな使い方をしてみるのもいかがでしょうか。

 個人的には、Office XPユーザで、MS Office 互換機能パックを導入して使い続けています。
OSがWindows 7 64 Bit版なので、Office 2010が出たらそっちの利用を検討するつもりでいますが、また使いづらかったら悩むかも。
Windows XP Mode上には、OOoを導入してあります。そっちで使う必要がある場合にはそっちを使います。(Accessなどを使う必要があるなどの場合しか今のところありませんけど)

【改訂履歴】作成:2010/1/9  改訂:-
【参考リンク】
*… *

Copyright © 1996,1997-2006,2007- by F.Kimura,