ライン

ポイント:Outlook Expressのままで良かったのでは?

ライン

 Windows 7では、Outlook Expressが使えない

Microsoft インターネット メール → Outlook Express → Windows Liveメール

 毎度迷惑なことで、OSが変わるタイミングでメールソフトの使い方が変わってしまいます。Vistaでは、Windows メールでした。
そんなマイクロソフトの付属メールアプリで最新版がWindows Live メールです。
 Windows 7では、以前のバージョンのものは動作しないのでOSを変更した場合には変更を余儀なくされるわけです。
※個人的には、Becky! のユーザなので影響を受けることはありませんでした

 今、XPを使っている人で、わざわざWindows Liveメールを使う人がいるのかは不明ですが、機能を確認するために導入しましたので、備忘録を残そうと思います。

 ダウンロードして導入

専用のページが存在していました

 以下のようなホームページが存在していました。リンクされているのでクリックすればそこに着きます。

 wlsetup.exeをクリックすると導入が開始されます。

メールだけを残し、他につけられている選択をはずし、インストールを行います。
続行します。(IEは閉じても大丈夫か、確認してください)
毎度の押し売り設定です。すべてすべて外して「続行」
ということで、完了です。

 導入は、特にこんな程度です。Outlook Expressとは併用可能なはず

 設定

シンプルなメニュー

 すぐに起動してみました。

最近のLive系ツールは、メニューが非表示なので、これを追加しました。
メニューバーの表示です。クエスチョンマークの左にあるアイコンをクリックすると
選択可能です。
ツール→アカウントで設定を開始しましょう。
追加を選択。
電子メールアカウントを選択し、次へ
とりあえず、gmailで試すことにしました。
完了です。

問題なく、使うことができそうです。

 その他の機能

カレンダーやアドレス帳

 データを新しいPCに移動する際、IAFファイルでアカウントを移動は問題なし。
アドレス帳の使い方もおおよそ同じにエクスポート可能。

 ここに個人用ファイルは存在しているようなので、c:\documents and settings\(ユーザ名)\Local Settings\Application Data\Microsoft\Windows Live Mailの下を削除してみました。
 想定通り、何も表示されないデフォルトの状態です。
 IAFファイルや、エクスポートしたデータの戻しも簡単で、特に問題は無いように感じます。
 以前、XPのOutlook Expressからの移動で結構苦労した覚えがあるのですが、特に問題はなさそうでした。

 しばらく試し利用を継続してみる予定です。

【改訂履歴】作成:2012/ 2/21
【参考リンク】


Copyright © 1996,1997-2006,2007- by F.Kimura,