ライン

ポイント:これまでのような統合インストールではなくツールが必要

ライン

 はじめに

Windows Vista SP1

 Windows 7が年内にリリースされるという話題の中で、Windows Vistaの方はSP2がリリースされました。
Windows XPまでの統合インストールは、結構簡単に作成することができましたが、Windows Vista以降は形が異なります。

 少々面倒ですが、こちらの方法をマスターするしかないようです。

 SP1用インストールメディアの作成

Windows AIKの導入と、Windows VISTA GOLDディスクのハードディスクへの保存

 SP1以前のリリースされたメディアをGoldと呼ぶようです。私が所有するUltimateは、Windows Vistaの初版なのでこれに該当します。
(Windows Vista BusinessエディションのSP1は保有済)

 Windows VistaのGoldから、SP1の導入メディアの作成方法はいくつものページで紹介はされていますが、どうも良く理解ができずにいました。

 まず、固有名詞の意味がわからなかったので、この辺りから理解することから始めました。
Windows 自動インストール キット (AIKとかWAIKという名称で登場する)があります。これが必ず必要そうです。

 これを入手するところから始まることにしました。インターネット経由ならダウンロードが可能で入手できるものでした。

 ただし、種類があるようです。Windows Vista SP1 および Windows Server 2008 用の自動インストール キット (AIK) というものあります。
どちらもトラックイメージ(ISO)ファイルなので、ダウンロード後は、DVD DescriptorやBurnAware FreeなどのソフトでCD-Rに焼き、メディアを作ってから導入するものになっていました。
 今回は、既にSP1にしてあるマシンで作成を実施することになったので、後者を利用することにします。

 そこそこ大きいファイルなので、ダウンロードしてからメディアの焼き込みまでに時間を要しました。
といっても、100Mbps時代ですし、焼くだけなら4分未満でした。すごい時代です。
 できあがったメディアをエクスプローラで眺めると、

のように確認ができます。

 導入は、DVDの自動起動で動作します。UAC画面(権限の昇格)を求めてきた後に、許可で進めると以下のような画面があがってきます。
画面の流れを、そのままキャプチャーしてありますので、眺めてみてください。

 Windows AIKの導入を開始しましょう。2つ目のメニューを選択します。
ウィザードが開始するので、次へで進みます。ライセンス条項画面では、同意するを選択し、次へを選択します。
インストールフォルダの選択画面では、デフォルトのままで進めました。ユーザに関してはご自分の環境に合わせてどうぞ。
特に問題がない限りは、すべてのユーザーでいいでしょう。確認画面は、そのまま次へを選択します。
インストールしている画面はそのまま見ているだけでOK。待っていれば終わります。







すべてのプログラムの中からもこれが確認できます。

 さて、Windows Vistaの導入用DVDディスクを用意します。
DVD装置をあけるために、まず導入用DVDをハードディスクにイメージをコピーしておくことにします。

 DOS窓より

xcopy W:\ L:\VISTA_32_ULTIMATE /e /h /v

とか入れておけば勝手にやってくれるでしょう。(最初の設問には D を答える)
上記例は、WがDVDの装置名。Lが私が使用しているUSBの外付けハードディスクのドライブ名になっています。

 フォルダは任意名称をつけてに作成します。

「630 個のファイルをコピーしました」という表示が出て、処理は終了しました。

 では、先に進みましょう。

 Virtual HDD(vLite)の導入

 Lドライブの VISTA_32_ULTIMATEディレクトリには、xcopyで作成された Windows Vistaの導入ディスクイメージがあります。
SETUP.EXEがあるのでこれをクリックし、ウィザードを起動。「今すぐインストール」を実施してみることにしました。
 導入先は、更に別のUSB経由で接続されたハードディスクを利用する形にしました。

 あらかじめ先に書いておきますが、この導入できず、vLiteというアプリケーションを利用したメディアの作成方法に切り替えて導入することになります。失敗に至るまでのイメージを眺めてみてください。





 上記、最後のイメージにあるXドライブがUSBのハードディスクです。
ここに、カスタム導入される Windowsディレクトリを作成しようと思ったのですが、「USBまたはIEEE1394ポートをとおして接続されたディスク構成やインストールはサポートされていません」、と表示され拒否されてしまいました。

 なるほど。多くの人がマイクロソフトのツールだけで導入するのではなく、Virtual HDD(vLite)アプリを使っている理由がわかった気がします。

 では、切り替えて、まずは、vLiteをダウンロードし、導入する方向で先に進めます。






無事に終了。

早速起動してみると、ライセンス同意画面が来る。同意するのなら、「I agree」を押す。



WAIKが導入されていないような判定をされてしまいました。既に導入は終わっているのに。

 ウェブに、同様のエラー表示に対する話題はいくつもあがっていました。
C:\Program Files\Windows Imaging というディレクトリに以下のようなファイルがあるはず。

これらを C:\Program Files\vLite 以下に ディレクトリ(フォルダ)を作成し、上記をコピーするものらしい。

 そこまでインストーラで面倒見てくれても良さそうなものですが、手動で行うもののようです。

・C:\Program Files\vLite\wimfltr\x86 というものを作成
・上記の2つ(wimfltr.inf wimflte.sys)コピー
・C:\Program Files\vLite以下には、wimgapi.dll をコピー
で完了。

 Windows Vistaなんだし、リダイレクトみたいなことでいいんじゃないの? など考えつつ終了。
再度「Install」を実施。今度はエラーは出ませんでした。導入完了…のような画面を入れる程度の考慮も欲しいところですが。

vLiteを利用

 vLiteを起動します。

 vLiteってvista Liteという名称だったんだと初めて気づく。
日本語対応になっているので、まずこれを変更して利用することにします。Language→Japanese。




 日本語になりました。
「選択されていません」、となっているので、まずここでは先ほどxcopyで作成した L:\VISTA_32_ULTIMATE を指定することから始めます。

 次へで進むと、以下のような画面に遷移します。

サービスパックの統合をクリックして選択。すると、左側のスリップストリームがクリックできるようになる。

 Windows Vista SP1用のファイルを参照させる必要があるので、ダウンロードしておきましょう。

 Windows Vista Service Pack 1 (全言語用スタンドアロン版) (KB936330) を取得します。
保存したexeファイルを見せてあげると適用が開始されるようです。





こんな感じで作業は開始しました。そこそこの時間がかかることがわかり、PCをそのままにしておきました。

 しばらくして戻ってみると完了していました。戻るでタスク選択画面へ戻りましょう。

サービスパック統合が消えているのが確認できます。
統合などもやっておくと良さそうですが、今回は我慢して実施しないことにしました。
ブータブルISOは設定しておくことにします。


これによる保存された ISOファイルを任意の場所に保存します。

【改訂履歴】作成:2009/02/22
2009/06/02 … Namazu検索の窓を追加
【参考リンク】
全文検索システム Namazu … Namazu Projectのオフィシャルページ

ISOファイルをDVDに焼く

 このISOイメージファイルを DVD Descripterで焼いてみました。
確かに、Windows Vista用のインストールDVDはできましたが、これがはたして SP1のものになっているのかは良くわからないのです。

 ネットで検索してみても、その辺りは書かれているものが見つからない。

\SOURCESのINSTALL.WIMが更新されていると思われるので、何かしら違うんだろうかとは思う。

中身を参照したけれど、SP1の統合ができていないようだ。
(アンマウントが umoutではなく unmount であることには注意)

 作業のプロセスで、「適用」を実行しなければならないようだ。


 今度は、更新されているようです。
次へで進めばISOファイルの作成になります。
こうすべきだったんだな。ISOの書き出しは結構高速に行われました。
(本ホームページは、SP2のメディア作成時に上記の流れをマージして再作成を予定していますので、今回もこの形のままでアップしています)

 DVDに書きこんで終わりです。

※結局、そのメディアを使った導入を試したことはないので、そのうちに、VirtualPCなどで試してみたい予定です

【改訂履歴】作成:2009/01/10
2009/06/06 … Namazu検索の窓を追加、文言の修正
【参考リンク】
Windows XP SP2 適用済みインストールイメージの作成方法 … マイクロソフトのXP2によるKB。

デル株式会社

Copyright © 1996,1997-2006,2007- by F.Kimura,