ライン

ポイント:複数のXPゲストを使い分ける

ライン

 はじめに

XP Modeを使う

 Windows 7の発売当時は、このOSへの移行を促すためにWindows XPモードと呼ばれる仮想OSとして「無償」でWindows Virtual PC上で動作できることを売りにしていました。(Professional、Ultimate、Enterprise で有効)
 でも、話題になっていたのは発売時期前後だけだったように思います。Windows 7発売後もXPにダウングレードしたPCは発売されていましたし、ハードディスクやメモリーも安価になってPC自体の価格が下落していましたし。

 最近になって、仮想でXPを別に動かして試したいなど、個人的なニーズが多くてXPモードは重宝しています。
今回、少しメモをアップしておくことにしました。詳細な導入などは、リンクされているページ等を参照ください。

 Windows 7 Professional 64 BitでWindows XP 32bitのXPモードを使う

要するに、動作するXPとは32Bit OSです

 Windows XP モードを使ったことはありますでしょうか。XPにダウングレードするには、Professional版が必要だったので、多くの方はこのエディションを保有されていることと思います。
 このエディションなら、Windows 7以外にWindows XPを1台仮想として利用できるライセンスを保有しているのと同じ権利を保有しています。
統合コンポーネントとして、Windows 7上でXPで動作するアプリを動かすところがミソのはずなんですが、あまりそういう使い方をすることはありませんでした。むしろ、別PCを同時に立ち上げて使いたいイメージで活躍しています。

 XPモードを導入すると、上記のようなファイルがインストールされます。
key.txt にはプロダクトキーがプレーンで書かれたものが置いてありますし、「Windows XP Mode base.vhd」は、XPのイメージだと想像ができます。

このファイルは、読み取り専用属性がついたままですので、はずしてから利用します。
そうすると、普通にXPが動作をできるようになりました。
途中省略しますが、XPが導入完了状態になりました。

 この利用方法をすると、何がいいのかというとXPモードで動作することができるディスクを分けて利用できることにあります。
ライセンス条項には、「Windows 7のパッケージ版及びOEM版では物理インスタンス1つまたは仮想インスタンス1つが提供されるとある」そうなのです。また、Windows XP モードのライセンス条項にも、禁止された条項はないのでこういう使い方は違反にならないそうです。すばらしい。
 上記画像のイメージだと、下2つもWindows XPモードで動作させている仮想ということになります。通常使うのは、Windows XP Mode.vmcxですが、今回のように別の用途で試す場合には、一番上を選択して動作させることができるのです。

そのまま環境を整える

 この状態のままだと古い状態のままなので、Windows Updateを進めていきます。最新の状態に追いつくまでに100近い数の更新が必要のようだ。まぁ、ページの入力をやっているうちに終了するので気にはならない程度。新規でOS入れていたら、この時間の中では終わらないからです。

 さて、 私はWindows 7 64bit版なので、実は贅沢にメモリーがじゃぶじゃぶあります。(メモリーは今が底値。安価ですからね)
…なので、もうちょい仮想に振ってあげたいところです。
 ところが、慌てて早めにすると更新や起動が遅くなるっぽい。最終的に使うタイミングで必要量をあげるのが良いようだ。
何しろ、XPの起動までが1分以内。この環境で使える方が良いのです。

 上記は、初回のリブート(再起動)後のMicrosoft Updateの様子です。
今回は見ての通り、ホームページビルダーの最新版のバージョン16がXP上で正常に動作するかを見たいという趣旨で環境を準備しています。
簡単に仮想上でOSが導入できてしまうなら、使った方が便利ですから…。

 トイレにいって、飲み物を準備して戻ってきたら、IE8の導入が始まっていました。これも入れちゃったとすると、起動時間がかかるようになったかも…と内心ドキドキ。まぁ、今時ホームページをIE6で見ている人も少ないということもあり、今回の目的では仕方がないかも。
 リブートには1分かからずでログインまで完了です。問題なしですね。

 IE8のその後のアップデート更新などを含み、その後も更新を継続中。
 アンチウィルスソフト、マイクロソフトの無償のSecurity Essentialを入れておきました。
これで普通に使うことができる環境になったと思います。(有償版のアンチウィルスソフトって必要だったんだっけ、と最近思う)
スキャンをかけてみましたが、4分程度でした。

 この後使ってみて、レスポンスを含めて何も問題なく利用できることを確認いたしました。
これも休止状態にして必要なときにはあげて確認できるようにしておきました。

まとめ

 こんな使い方ができるのであれば、XPモードも有用だと思いました。
Windows 8になっても、この使い方ができるのだと良いのだけれど。XPのサポート期間までで十分なので是非にという気がしています。

 ちなみに、ホームページビルダーの試用は非常に有用でした。
使い勝手が違い違い過ぎますが、アップグレードしてもいいな、と思いました。

 久々に起動しようとしたら、XPMUserのパスワードを失念してしまった。
こういったときは、仮想の再起動をしてSHIFTキーとESCで画面表示にし、セーフモードでAdministrator起動でパスワードを変更するらしい。
Administratorのパスワードを忘れたら(というかわざわざつけたのなら)手間が増えるけど、通常は空。
 とりあえずは復活です。Windows 8が出てきましたが、これにはXPモードは存在しない。
Window 7のEOLは2020年の1月14日とのこと。XP SP3のEOLは2014年4月8日に到達するので、このタイミングでXPモードは危うい状態に変わってくる。まぁ、まだWindows 2000とかNT使っている企業も(システムによってですが)あるわけで、クライアントOSで外部にさらされないネットワーク内で使うのはどうでもいいのかも知れない。
 Windows 7 SP2はでない可能性あるみたいだ、という話題がここ最近流れている。でも、Windows 8が使いづらいし、7を望む声により出さざるを得ないんじゃないかとも思う。(SP1 Rollup 1という名称かも知れない)

【改訂履歴】作成:2012/02/26  改訂: 2012/11/4
【参考リンク】
*… *

Copyright © 1996,1997-2006,2007- by F.Kimura,