ライン

ポイント:導入より、その後慣れる方が大変そう

ライン

 はじめに

japanese/wordpress

 CMS(Content Management System)といわれるツール。
かなり以前にも試したことがありました。その頃のページを見ると、

パッケージ名:WordPress
パッケージのバージョン: 1.2.2
ライセンス:GPL

と、かかれていました。FreeBSD 4.10-RELEASEの時代だったんですねぇ。
 以前も日本語用のportsは存在していなかったのですが、現状もできていないようです。
パッチも何も不要なコピー型なので、即席で作って入れてしまうことにしました。
(管理のしやすさだけの話)

 USE_PHP= gd mysql pcre tokenizer xml zip
 …ということで、MySQLとPHPを利用するもののようです。(最近同じ環境があったな…)

 今回も、FreeBSD 8.2-RELEASEでの導入例です。

 導入と設定

導入

  導入を開始します。
Makefileはこんなにすればいいはず。一式は、ここにあるので、必要な方はお持ち帰りでどうぞ。
無保証、無サポートだけど。
一応、設定後にパッケージを削除しても、DBと必要な設定ファイル等は削除されなかったことは確認済み。

# New ports collection makefile for:    wordpress
# Date created:         2011-10-15
# Whom:                 <ports@FreeBSD.org>
#
# $FreeBSD$
#

PORTNAME=       wordpress
PORTVERSION=    3.2.1
CATEGORIES=     japanese www
MASTER_SITES=   http://ja.wordpress.org/
PKGNAMESUFFIX=  -ja
DISTNAME=       ${PORTNAME}-${PORTVERSION}${PKGNAMESUFFIX}

MAINTAINER=     ports@FreeBSD.org
COMMENT=        A state-of-the-art semantic personal publishing platform

LICENSE=        GPLv2
LICENSE_FILE=   ${WRKSRC}/license.txt

USE_ZIP=        yes
NO_BUILD=       yes
USE_PHP=        gd mysql pcre tokenizer xml zip
WANT_PHP_WEB=   yes
WRKSRC=         ${WRKDIR}/${PORTNAME}

PLIST=          ${WRKDIR}/pkg-plist
PORTDOCS=       license.txt readme.html

pre-everything::
        @${ECHO_CMD} "If you want to upgrade, you must read upgrade document."
        @${ECHO_CMD} ""
        @sleep 1

pre-install:
        cd ${WRKSRC}/ && \
                (${FIND} -s * -type f | ${SED} -e 's|^|%%WWWDIR%%/|'; \
                ${FIND} -d . -type d | ${SED} -e 's|^\.|@dirrm %%WWWDIR%%|') > ${PLIST}
        if [ ! -f ${WRKSRC}/wp-config-sample.php ]; then ${CP} \
                ${WRKSRC}/wp-config.php.sample ${WRKSRC}/wp-config.php; fi

do-install:
        ${INSTALL} -d -g ${WWWGRP} -m 755 -o ${WWWOWN} ${WWWDIR}/
        ${CP} -R ${WRKSRC}/ ${WWWDIR}/
.if !defined(NOPORTDOCS)
        ${MKDIR} ${DOCSDIR}/
        cd ${WRKSRC}/ && ${INSTALL_DATA} ${PORTDOCS} ${DOCSDIR}/
.endif

post-install:
        @${CAT} ${PKGMESSAGE}

.include <bsd.port.mk>

この状態で、まずは導入してしまうことにしました。

# cd /usr/ports/japanese/wordpress
# make clean
===>  Cleaning for ja-wordpress-ja-3.2.1
# make install
If you want to upgrade, you must read upgrade document.

===>  License GPLv2 accepted by the user
===>  Extracting for ja-wordpress-ja-3.2.1
.
.
===>   Generating temporary packing list
===>  Checking if japanese/wordpress already installed
install -d -g www -m 755 -o www /usr/local/www/wordpress/
/bin/cp -R /usr/ports/japanese/wordpress/work/wordpress/ /usr/local/www/wordpress/
/bin/mkdir -p /usr/local/share/doc/wordpress/
cd /usr/ports/japanese/wordpress/work/wordpress/ && install  -o root -g wheel -m 444 license.txt readme.html /usr/local/share/doc/wordpress/
                  **** NOTE ****
Before the first use of WordPress, copy wp-config-sample.php to wp-config.php
in ${WWWDIR} and modify it to fit your MySQL.
Maybe you need 'mysqladmin create wordpress' first.
If you are upgrading from 1.x or 2.x to 3.x, please run
http://your.site/wordpress/wp-admin/upgrade.php to upgrade to WordPress 3.x
===>   Registering installation for ja-wordpress-ja-3.2.1

 できあがり。

/usr/local/www/wordpress # ls -la
total 206
-rw-r--r--  1 root  www    397 Oct 15 20:17 index.php
-rw-r--r--  1 root  www  16899 Oct 15 20:17 license.txt
-rw-r--r--  1 root  www   4148 Oct 15 20:17 readme-ja.html
-rw-r--r--  1 root  www  13298 Oct 15 20:17 readme.html
-rw-r--r--  1 root  www   4343 Oct 15 20:17 wp-activate.php
drwxr-xr-x  9 root  www   2560 Oct 15 20:17 wp-admin
-rw-r--r--  1 root  www  40243 Oct 15 20:17 wp-app.php
-rw-r--r--  1 root  www    226 Oct 15 20:17 wp-atom.php
-rw-r--r--  1 root  www    274 Oct 15 20:17 wp-blog-header.php
-rw-r--r--  1 root  www   3931 Oct 15 20:17 wp-comments-post.php
-rw-r--r--  1 root  www    244 Oct 15 20:17 wp-commentsrss2.php
-rw-r--r--  1 root  www   4289 Oct 15 20:17 wp-config-sample.php
drwxr-xr-x  5 root  www    512 Oct 15 20:17 wp-content
-rw-r--r--  1 root  www   1255 Oct 15 20:17 wp-cron.php
-rw-r--r--  1 root  www    246 Oct 15 20:17 wp-feed.php
drwxr-xr-x  8 root  www   3072 Oct 15 20:17 wp-includes
-rw-r--r--  1 root  www   1997 Oct 15 20:17 wp-links-opml.php
-rw-r--r--  1 root  www   2766 Oct 15 20:17 wp-load.php
-rw-r--r--  1 root  www  27601 Oct 15 20:17 wp-login.php
-rw-r--r--  1 root  www   7774 Oct 15 20:17 wp-mail.php
-rw-r--r--  1 root  www    494 Oct 15 20:17 wp-pass.php
-rw-r--r--  1 root  www    224 Oct 15 20:17 wp-rdf.php
-rw-r--r--  1 root  www    334 Oct 15 20:17 wp-register.php
-rw-r--r--  1 root  www    224 Oct 15 20:17 wp-rss.php
-rw-r--r--  1 root  www    226 Oct 15 20:17 wp-rss2.php
-rw-r--r--  1 root  www   9839 Oct 15 20:17 wp-settings.php
-rw-r--r--  1 root  www  18646 Oct 15 20:17 wp-signup.php
-rw-r--r--  1 root  www   3702 Oct 15 20:17 wp-trackback.php
-rw-r--r--  1 root  www   3266 Oct 15 20:17 xmlrpc.php

 該当マシンには、MySQLのサーバもクライアントも入れてあるので作業はしませんでしたが、通常は以下の通り。
MySQLは5.5.16のバージョンが現状。
 databases/mysql55-serverを導入するには以下の通り。Linuxなどの方は、似たような感じで導入できればOK。

# portinstall databases/mysql55-server

/etc/rc.conf に mysql_enable="YES" を加えて起動。
 ウェブサーバは、Apache22でPHP5を入れている状態となっています。
この辺りも通常通りなので、サクっと入れちゃってください。
何も入っていないマシンだったら、この辺りのメモも残すんですが、おおよそ入っているマシンに入れる場合こんなになります。

設定

 Apacheの /usr/local/etc/apache22/httpd.conf の追記。

Alias /wordpress/ "/usr/local/www/wordpress/"
<Directory "/usr/local/www/wordpress">
   AllowOverride None
   Options Indexes FollowSymLinks
   Order Allow,Deny
   Allow from all
   DirectoryIndex index.php
</Directory>

その後は、apacheのリスタートを入れる。
http://example.com/wordpress/ にアクセス(*自分の入れたドメインに置き換えて読んで)する。

そういえば、

WordPress 日本語 ≫ インストール

のページには、wp-config-sample.php を修正してwp-config.php で保存しろとかかれていたんだっけ。
# cp wp-config-sample.php wp-config.php

でいいよな。

なんと、日本語でかつWindows用にできているのか?
catして読むとこんな感じ。
<?php
/**
* The base configurations of the WordPress.
*
* このファイルは、MySQL、テーブル接頭辞、秘密鍵、言語、ABSPATH の設定を含みます。
* より詳しい情報は {@link http://wpdocs.sourceforge.jp/wp-config.php_%E3%81%AE%E7%B7%A8%E9%9B%86
* wp-config.php の編集} を参照してください。MySQL の設定情報はホスティング先より入手できます。
*
* このファイルはインストール時に wp-config.php 作成ウィザードが利用します。
* ウィザードを介さず、このファイルを "wp-config.php" という名前でコピーして直接編集し値を
* 入力してもかまいません。
*
* @package WordPress
*/

// 注意:
// Windows の "メモ帳" でこのファイルを編集しないでください !
// 問題なく使えるテキストエディタ
// (http://wpdocs.sourceforge.jp/Codex:%E8%AB%87%E8%A9%B1%E5%AE%A4 参照)
// を使用し、必ず UTF-8 の BOM なし (UTF-8N) で保存してください。

// ** MySQL 設定 - こちらの情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'database_name_here');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'username_here');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'password_here');

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'localhost');

/** データベースのテーブルを作成する際のデータベースのキャラクターセット */
define('DB_CHARSET', 'utf8');

/** データベースの照合順序 (ほとんどの場合変更する必要はありません) */
define('DB_COLLATE', '');

/**#@+
* 認証用ユニークキー
*
* それぞれを異なるユニーク (一意) な文字列に変更してください。
* {@link https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/ WordPress.org の秘密鍵サービス} で自動生成することもできます。
* 後でいつでも変更して、既存のすべての cookie を無効にできます。これにより、すべてのユーザーを強制的に再ログインさせることになります。
*
* @since 2.6.0
*/
define('AUTH_KEY', 'put your unique phrase here');
define('SECURE_AUTH_KEY', 'put your unique phrase here');
define('LOGGED_IN_KEY', 'put your unique phrase here');
define('NONCE_KEY', 'put your unique phrase here');
define('AUTH_SALT', 'put your unique phrase here');
define('SECURE_AUTH_SALT', 'put your unique phrase here');
define('LOGGED_IN_SALT', 'put your unique phrase here');
define('NONCE_SALT', 'put your unique phrase here');

/**#@-*/

/**
* WordPress データベーステーブルの接頭辞
*
* それぞれにユニーク (一意) な接頭辞を与えることで一つのデータベースに複数の WordPress を
* インストールすることができます。半角英数字と下線のみを使用してください。
*/
$table_prefix = 'wp_';

/**
* ローカル言語 - このパッケージでは初期値として 'ja' (日本語 UTF-8) が設定されています。
*
* WordPress のローカル言語を設定します。設定した言語に対応する MO ファイルが
* wp-content/languages にインストールされている必要があります。例えば de_DE.mo を
* wp-content/languages にインストールし WPLANG を 'de_DE' に設定することでドイツ語がサポートされます。
*/
define('WPLANG', 'ja');

/**
* 開発者へ: WordPress デバッグモード
*
* この値を true にすると、開発中に注意 (notice) を表示します。
* テーマおよびプラグインの開発者には、その開発環境においてこの WP_DEBUG を使用することを強く推奨します。
*/
define('WP_DEBUG', false);

/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 */

/** Absolute path to the WordPress directory. */
if ( !defined('ABSPATH') )
define('ABSPATH', dirname(__FILE__) . '/');

/** Sets up WordPress vars and included files. */
require_once(ABSPATH . 'wp-settings.php');
database_name_here
username_here
password_here

この部分だけを作成すればいいみたいだ。
http://example.com/wordpress/wp-admin/install.php
にアクセスしてみると…
と出る。そりゃそうだな。何もDB作成していないし。

 では、毎度で作業。rootの設定については実際には作業していないけど、前のページに書いてあるのでそこはそのまま残しておきます。

#mysqladmin -u root password PASSWORD
#mysql -u root -p
Enter password: **********
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 2
Server version: 5.5.16 Source distribution

Copyright (c) 2000, 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

mysql> CREATE DATABASE wordpressdb;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON wordpressdb.* TO 'wordpressdb'@'localhost' IDENTIFIED BY 'PASSword';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec) 

 みたく入力する。設定ファイルに書いた通りにする必要があるはずなので、その点はそのように。

http://example.com/wordpress/wp-admin/install.php に再アクセスする。
流石に日本語。(いや、さっきのエラー画面も日本語だったじゃん)
え~っ。押した瞬間にこの画面。がっかりというか、もっと何かすると思いましたよ。
ログインしてみましょう。
おお。でましたね。
http://example.com/wordpress/wp-admin/
というページになるみたいです。

 さて、入れるまででその先を考えていないや。
日本語のドキュメントはWordPress Codex 日本語版(wpdocs.sourceforge.jp)にあるみたい。
あっ、入れ終わった後だけど、いろいろ導入方法かかれているな。便利だし詳しい。
なにげに重いのは、WP使っているからとかいわないかな。

 無料配布しているところのテンプレート使ってみたいな。
http://www.templateking.jp/mt/website/kaisya/fsv001mtac2.html
これを借用してみよう。
ZIPファイルは取得できたので、そのままアップしようと思ったら、FTPが必要っぽい。

 まぁ、ZIPファイルのアップまではできたので、解凍されなかったのは手動ですることに。
(フォルダとか、日本語のままではなく、英語が良かったなぁ。)

#unzip -x FSV001WPAC2.zip
#cd FSV001WPAC2/3\227\361
#mv themes /usr/local/www/wordpress/wp-content/themes/FSV001WPAC2-3

 ではどうなったかを確認してみます。

追加されてきましたね。

なるほど、こんな感じですか…。慣れれば便利に使えそうです。

【改訂履歴】作成:2011/10/15
【参考リンク】

WordPress 日本語ローカルサイト …日本語版の配布が行われています

Copyright © 1996,1997-2006,2007- by F.Kimura,