ライン

ポイント:*

ライン

 はじめに

Fedora release 21

 家の中に転がっているRaspberry Pi。そのうちの1つが最近共同購入でゲットしたPi 2。
fidoraで動かそうとしたSDカードで動作中。ただし、こっちはほとんどOSだけで何も動かしていない状態のままでした。

 で、3年ぶりのZabbixサーバの導入をやってみようという流れで始めるんですが、SDカードへの書き込み頻度で寿命的な問題にぶち当たることが既に確定っぽい。USBメモリーを接続して、アクセスが高い物はそっちに逃がして…とか。実用で使うには段階が必要なのかな、などの課題は最初から見えている感じです。

 インストール

 とりあえず、入れる動かすまでを試す、毎度の流れを開始します。

# yum install zabbix-server
================================================================================
 Package                   アーキテクチャー
                                        バージョン           リポジトリー  容量
================================================================================
インストール中:
 zabbix-server             noarch       2.2.8-1.fc21         updates       25 k
依存性関連でのインストールをします:
 OpenIPMI-libs             armv7hl      2.0.21-5.fc21        fedora       440 k
 OpenIPMI-modalias         armv7hl      2.0.21-5.fc21        fedora        19 k
 fping                     armv7hl      3.10-3.fc21          fedora        50 k
 iksemel                   armv7hl      1.4-10.fc21          fedora        49 k
 libtool-ltdl              armv7hl      2.4.2-31.fc21        fedora        51 k
 logrotate                 armv7hl      3.8.7-4.fc21         fedora        66 k
 net-snmp-libs             armv7hl      1:5.7.2-23.fc21      fedora       719 k
 postgresql-libs           armv7hl      9.3.6-1.fc21         updates      215 k
 traceroute                armv7hl      3:2.0.20-2.fc21      fedora        59 k
 unixODBC                  armv7hl      2.3.2-6.fc21         fedora       386 k
 zabbix                    armv7hl      2.2.8-1.fc21         updates      207 k
 zabbix-dbfiles-pgsql      noarch       2.2.8-1.fc21         updates      1.1 M
 zabbix-server-pgsql       armv7hl      2.2.8-1.fc21         updates      374 k

トランザクションの要約
================================================================================
インストール  1 パッケージ (+13 個の依存関係のパッケージ)

総ダウンロード容量: 3.7 M
インストール容量: 11 M
Is this ok [y/d/N]:

 驚き。いきなりPostgreSQLで入れるのがデフォルトなんだね。
個人的にはどっちでもかまわないのだけれど、後で汎用的に利用できないメモになりそうなので、MySQLにすることに。
yum searchで確認して、以下で投入。

# yum install zabbix-server-mysql
================================================================================
 Package                  アーキテクチャー
                                      バージョン              リポジトリー
                                                                           容量
================================================================================
インストール中:
 zabbix-server-mysql      armv7hl     2.2.8-1.fc21            updates     431 k
依存性関連でのインストールをします:
 OpenIPMI-libs            armv7hl     2.0.21-5.fc21           fedora      440 k
 OpenIPMI-modalias        armv7hl     2.0.21-5.fc21           fedora       19 k
 fping                    armv7hl     3.10-3.fc21             fedora       50 k
 iksemel                  armv7hl     1.4-10.fc21             fedora       49 k
 libtool-ltdl             armv7hl     2.4.2-31.fc21           fedora       51 k
 logrotate                armv7hl     3.8.7-4.fc21            fedora       66 k
 mariadb-common           armv7hl     1:10.0.17-1.fc21        updates      66 k
 mariadb-config           armv7hl     1:10.0.17-1.fc21        updates      23 k
 mariadb-libs             armv7hl     1:10.0.17-1.fc21        updates     607 k
 net-snmp-libs            armv7hl     1:5.7.2-23.fc21         fedora      719 k
 traceroute               armv7hl     3:2.0.20-2.fc21         fedora       59 k
 unixODBC                 armv7hl     2.3.2-6.fc21            fedora      386 k
 zabbix                   armv7hl     2.2.8-1.fc21            updates     207 k
 zabbix-dbfiles-mysql     noarch      2.2.8-1.fc21            updates     1.1 M
 zabbix-server            noarch      2.2.8-1.fc21            updates      25 k

トランザクションの要約
================================================================================
インストール  1 パッケージ (+15 個の依存関係のパッケージ)

総ダウンロード容量: 4.2 M
インストール容量: 14 M
Is this ok [y/d/N]:

 おーっ、今度はMariaDBだ。この辺りは同じなので、これで進むことにしました。
現時点、httpdは導入済。その他必要そうな物を更に追加していきます。

# yum install zabbix-web-mysql zabbix-agent
..
================================================================================
 Package                     アーキテクチャー
                                         バージョン           リポジトリー
                                                                           容量
================================================================================
インストール中:
 zabbix-agent                armv7hl     2.2.8-1.fc21         updates     146 k
 zabbix-web-mysql            noarch      2.2.8-1.fc21         updates      15 k
依存性関連でのインストールをします:
 dejavu-fonts-common         noarch      2.34-4.fc21          fedora       71 k
 dejavu-sans-fonts           noarch      2.34-4.fc21          fedora      1.5 M
 fontconfig                  armv7hl     2.11.1-5.fc21        fedora      221 k
 fontpackages-filesystem     noarch      1.44-10.fc21         fedora       10 k
 freetype                    armv7hl     2.5.3-16.fc21        updates     362 k
 gd                          armv7hl     2.1.0-8.fc21         updates     124 k
 jbigkit-libs                armv7hl     2.1-2.fc21           fedora       47 k
 libX11                      armv7hl     1.6.2-2.fc21         fedora      551 k
 libX11-common               noarch      1.6.2-2.fc21         fedora      187 k
 libXau                      armv7hl     1.0.8-4.fc21         fedora       33 k
 libXpm                      armv7hl     3.5.11-3.fc21        fedora       49 k
 libjpeg-turbo               armv7hl     1.3.1-5.fc21         updates     123 k
 libpng                      armv7hl     2:1.6.10-3.fc21      fedora      251 k
 libtiff                     armv7hl     4.0.3-18.fc21        fedora      156 k
 libvpx                      armv7hl     1.3.0-6.fc21         fedora      412 k
 libxcb                      armv7hl     1.11-3.fc21          updates     175 k
 libxslt                     armv7hl     1.1.28-8.fc21        fedora      229 k
 php                         armv7hl     5.6.8-1.fc21         updates     2.3 M
 php-bcmath                  armv7hl     5.6.8-1.fc21         updates      69 k
 php-cli                     armv7hl     5.6.8-1.fc21         updates     3.5 M
 php-common                  armv7hl     5.6.8-1.fc21         updates     1.0 M
 php-gd                      armv7hl     5.6.8-1.fc21         updates      87 k
 php-ldap                    armv7hl     5.6.8-1.fc21         updates      71 k
 php-mbstring                armv7hl     5.6.8-1.fc21         updates     531 k
 php-mysqlnd                 armv7hl     5.6.8-1.fc21         updates     277 k
 php-pdo                     armv7hl     5.6.8-1.fc21         updates     134 k
 php-pecl-jsonc              armv7hl     1.3.7-1.fc21         updates      52 k
 php-xml                     armv7hl     5.6.8-1.fc21         updates     227 k
 t1lib                       armv7hl     5.1.2-16.fc21        fedora      154 k
 zabbix-web                  noarch      2.2.8-1.fc21         updates     3.4 M

トランザクションの要約
================================================================================
インストール  2 パッケージ (+30 個の依存関係のパッケージ)

総ダウンロード容量: 16 M
インストール容量: 69 M
Is this ok [y/d/N]:

 gdが入ったので、余計なものも増えちゃったけど、これは良しとすることに。
これだと、まだMariaDBのサーバがいないな。

# yum install mariadb-server
..
================================================================================
 Package                    アーキテクチャー
                                        バージョン            リポジトリー
                                                                           容量
================================================================================
インストール中:
 mariadb-server             armv7hl     1:10.0.17-1.fc21      updates      16 M
依存性関連でのインストールをします:
 mariadb                    armv7hl     1:10.0.17-1.fc21      updates     5.6 M
 mariadb-errmsg             armv7hl     1:10.0.17-1.fc21      updates     197 k
 perl                       armv7hl     4:5.18.4-308.fc21     updates     8.0 M
 perl-Carp                  noarch      1.36-1.fc21           updates      28 k
 perl-DBD-MySQL             armv7hl     4.027-3.fc21          fedora      143 k
 perl-DBI                   armv7hl     1.631-7.fc21          updates     745 k
 perl-Data-Dumper           armv7hl     2.154-1.fc21          fedora       53 k
 perl-Encode                armv7hl     1:2.72-1.fc21         updates     1.1 M
 perl-Exporter              noarch      5.70-2.fc21           fedora       29 k
 perl-File-Path             noarch      2.09-293.fc21         fedora       27 k
 perl-File-Temp             noarch      0.23.04-2.fc21        fedora       57 k
 perl-Filter                armv7hl     1:1.54-1.fc21         updates      82 k
 perl-Getopt-Long           noarch      2.45-1.fc21           updates      61 k
 perl-HTTP-Tiny             noarch      0.043-2.fc21          fedora       45 k
 perl-Module-CoreList       noarch      1:3.13-308.fc21       updates     105 k
 perl-PathTools             armv7hl     3.47-3.fc21           fedora       90 k
 perl-Pod-Escapes           noarch      1:1.04-308.fc21       updates      58 k
 perl-Pod-Perldoc           noarch      3.23-2.fc21           fedora       88 k
 perl-Pod-Simple            noarch      1:3.29-1.fc21         updates     222 k
 perl-Pod-Usage             noarch      4:1.67-1.fc21         updates      34 k
 perl-Scalar-List-Utils     armv7hl     1:1.41-1.fc21         updates      59 k
 perl-Socket                armv7hl     1:2.018-1.fc21        updates      54 k
 perl-Storable              armv7hl     2.51-2.fc21           fedora       78 k
 perl-Term-ANSIColor        noarch      4.03-2.fc21           fedora       44 k
 perl-Text-ParseWords       noarch      3.30-1.fc21           updates      17 k
 perl-Time-HiRes            armv7hl     1.9726-3.fc21         fedora       50 k
 perl-Time-Local            noarch      1.2300-292.fc21       fedora       25 k
 perl-constant              noarch      1.27-293.fc21         fedora       19 k
 perl-libs                  armv7hl     4:5.18.4-308.fc21     updates     610 k
 perl-macros                armv7hl     4:5.18.4-308.fc21     updates      50 k
 perl-parent                noarch      1:0.228-2.fc21        fedora       13 k
 perl-podlators             noarch      2.5.3-2.fc21          fedora      114 k
 perl-threads               armv7hl     1:1.92-3.fc21         fedora       54 k
 perl-threads-shared        armv7hl     1.46-4.fc21           fedora       42 k
 perl-version               armv7hl     3:0.99.12-1.fc21      updates      93 k

トランザクションの要約
================================================================================
インストール  1 パッケージ (+35 個の依存関係のパッケージ)

総ダウンロード容量: 34 M
インストール容量: 145 M
Is this ok [y/d/N]:

 なんだかいろいろと依存で来た。
しかし、MariaDBの10系でも動作するのだろうか。

 とりあえず、1つづつサービスを動かしていって見ることにしました。
まずは簡単に、ウェブサーバ。

# chkconfig httpd on
情報:'systemctl enable httpd.service'へ転送しています。
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/httpd.service to /usr/lib/systemd/system/httpd.service.
# service start httpd
The service command supports only basic LSB actions (start, stop, restart, try-restart, reload, force-reload, status). For other actions, please try to use systemctl.
# systemctl start httpd

 ウェブアクセスもOK。

# systemctl start mysqld

 これも上がってくる。

# cd /etc/my.cnf.d
# vi server.cnf

まずは、

character-set-server = utf8

で設定を加え、サービスの再起動。問題なし。

ウェブ画面から設定

 ウェブから設定を続けます。
http://HOSTNAME/zabbix/setup.php

 Failになっている箇所を修正しないと先に進ませてくれないようです。
/etc/php.iniを修正していきます。

; Maximum size of POST data that PHP will accept.
; Its value may be 0 to disable the limit. It is ignored if POST data reading
; is disabled through enable_post_data_reading.
; http://php.net/post-max-size
;post_max_size = 8M
post_max_size = 16M
...
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
; Resource Limits ;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

; Maximum execution time of each script, in seconds
; http://php.net/max-execution-time
; Note: This directive is hardcoded to 0 for the CLI SAPI
;max_execution_time = 30
max_execution_time = 300
...
; Maximum amount of time each script may spend parsing request data. It's a good
; idea to limit this time on productions servers in order to eliminate unexpectedly
; long running scripts.
; Note: This directive is hardcoded to -1 for the CLI SAPI
; Default Value: -1 (Unlimited)
; Development Value: 60 (60 seconds)
; Production Value: 60 (60 seconds)
; http://php.net/max-input-time
;max_input_time = 60
max_input_time = 300

サービス再起動を入れておきます。

# service httpd restart

retryのアンカーをクリックすると、今度は大丈夫になりました。

やはり、ここはマニュアルでやれ、と。

# mysql -u root -p
Enter password:
Welcome to the MariaDB monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is 4
Server version: 10.0.17-MariaDB MariaDB Server

Copyright (c) 2000, 2015, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

MariaDB [(none)]> create database zabbix character set utf8;
Query OK, 1 row affected (0.01 sec)
MariaDB [(none)]> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'PASSWORD';
Query OK, 0 rows affected (0.01 sec)
MariaDB [(none)]> flush privileges;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

もう一度確認してみる。

DBつくるところまでではダメなんだね。
/etc/zabbix_server.confの "DBPassword=" の箇所に設定したパスワードを保管。

# cd /usr/share/zabbix-mysql
# mysql -u zabbix -p zabbix < schema.sql
# mysql -u zabbix -p zabbix < images.sql
# mysql -u zabbix -p zabbix < data.sql

Raspberry Piのパワーの関係か、この実施に意外に時間を要する感じ。
108個のテーブルの作成が終わるまでに、そこそこな時間がかかっていた。
残りは2-3分程度。

再度チェックして問題ないことを確認。
/etc/zabbix/web/zabbix.conf.php ができあがりということのようだ。

ログイン画面では、Username:amin Password:zabbix が初期になっているそうなので、これでログインする。

入ることができたが、Zabbixが動いていないよ、とメッセージが出る。

# service zabix-server status
Redirecting to /bin/systemctl status  zabix-server.service
● zabix-server.service
   Loaded: not-found (Reason: No such file or directory)
   Active: inactive (dead)
# zabbix_server -n 1
Dropping foreign keys ....................................................................................................................................... done.
Converting tables ............................................................................................................ done.
Creating foreign keys .................................................................................................................................
zabbix_server [1971]: Error: [Z3005] query failed: [1452] Cannot add or update a child row: a foreign key constraint fails
 (`zabbix`.`#sql-665_d1`, CONSTRAINT `c_sessions_1` FOREIGN KEY (`userid`) REFERENCES `users` (`userid`)
 ON DELETE CASCADE) [ALTER TABLE `sessions` ADD CONSTRAINT `c_sessions_1` FOREIGN KEY (`userid`) REFERENCES
 `users` (`userid`) ON DELETE CASCADE]
......Conversion failed.

これは、良くわからなかったですが、サービス起動して動作してしまったので、良しとして先に進めました。
日本語にして、ポート番号は10050に変えて起動しました。

 まずは、こんなでいいのかなぁ。
パスワードを設定していないままのrootなどのパスワードは適当で後で設定しておくことにして、ここには記載していません。

 Raspberry Piの旧モデルを監視

Zabbix-agent

 Raspbian GNU/Linux 7 (wheezy)なのに、結構古いバージョンのパッケージなんだなぁ、と。

# apt-cache search zabbix
zabbix-agent - network monitoring solution - agent
zabbix-frontend-php - network monitoring solution - PHP front-end
zabbix-proxy-mysql - network monitoring solution - proxy (using MySQL)
zabbix-proxy-pgsql - network monitoring solution - proxy (using PostgreSQL)
zabbix-proxy-sqlite3 - network monitoring solution - proxy (using SQLite3)
zabbix-server-mysql - network monitoring solution - server (using MySQL)
zabbix-server-pgsql - network monitoring solution - server (using PostgreSQL)
# apt-get install zabbix-agent
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  zabbix-agent
アップグレード: 0 個、新規インストール: 1 個、削除: 0 個、保留: 87 個。
298 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 573 kB のディスク容量が消費されます。
取得:1 http://mirrordirector.raspbian.org/raspbian/ wheezy/main zabbix-agent armhf 1:1.8.11-1 [298 kB]
298 kB を 1秒 で取得しました (230 kB/s)
パッケージを事前設定しています ...
以前に未選択のパッケージ zabbix-agent を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 75616 個のファイルとディレクトリがイン ストールされています。)
(.../zabbix-agent_1%3a1.8.11-1_armhf.deb から) zabbix-agent を展開しています...
man-db のトリガを処理しています ...
zabbix-agent (1:1.8.11-1) を設定しています ...

Creating config file /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf with new version
[ ok ] Starting Zabbix agent: zabbix_agentd.

/etc/zabbix/zabbix_agentd.conf には、サーバのIPアドレスとポートを記述するだけ。

# service zabbix-agent restart
[ ok ] Stopping Zabbix agent: zabbix_agentd.
[ ok ] Starting Zabbix agent: zabbix_agentd.

 Zabbixサーバに情報を登録してみて、グラフ表示もされていることを確認。
以前は、Windowsで試したけど、Linuxの方がやっぱり簡単でした。

 ところで、文字が表示されないのが気になります。

□ってなんだろう?

# yum install ipa-pgothic-fonts
rpmfusion-free-updates                                      | 3.0 kB  00:00
rpmfusion-nonfree-updates                                   | 3.0 kB  00:00
updates/21/armhfp/metalink                                  | 4.9 kB  00:00
rpmfusion-free-updates/21/armhfp/primary_db                 | 108 kB  00:01
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ ipa-pgothic-fonts.noarch 0:003.03-6.fc21 を インストール
--> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

================================================================================
 Package                 アーキテクチャー
                                      バージョン             リポジトリー  容量
================================================================================
インストール中:
 ipa-pgothic-fonts       noarch       003.03-6.fc21          fedora       3.5 M

トランザクションの要約
================================================================================
インストール  1 パッケージ

総ダウンロード容量: 3.5 M
インストール容量: 6.0 M
Is this ok [y/d/N]: y
Downloading packages:
ipa-pgothic-fonts-003.03-6.fc21.noarch.rpm                  | 3.5 MB  00:03
Running transaction check
Running transaction test
Transaction test succeeded
Running transaction (shutdown inhibited)
  インストール中          : ipa-pgothic-fonts-003.03-6.fc21.noarch          1/1
  検証中                  : ipa-pgothic-fonts-003.03-6.fc21.noarch          1/1

インストール:
  ipa-pgothic-fonts.noarch 0:003.03-6.fc21

完了しました!
# vi /usr/share/zabbix/include/defines.inc.php

修正したdiffはこんな感じ。

42,43c42,43
< define('ZBX_FONTPATH',                                '/usr/share/fonts/dejavu'); // where to search for font (GD > 2.0.18)
< define('ZBX_GRAPH_FONT_NAME',         'DejaVuSans'); // font file name
---
> define('ZBX_FONTPATH',                                '/usr/share/fonts/ipa-pgothic'); // where to search for font (GD > 2.0.18)
> define('ZBX_GRAPH_FONT_NAME',         'ipagp'); // font file name
90c90
< define('ZBX_FONT_NAME', 'DejaVuSans');
---
> define('ZBX_FONT_NAME', 'ipa-pgothic');

みたいな程度。

表示されるようになりました。

…何にしても、障害状態にしても検知できていないようだ。
設定方法が良くわかっていない感じかな。続きは後日に。

 FreeBSDにZabbix Agant

今回は試さないけど

 FreeBSD 10.1で動作中の実ホストにエージェントを入れてみます。

# pkg install zabbix22-agent
Updating FreeBSD repository catalogue...
FreeBSD repository is up-to-date.
All repositories are up-to-date.
The following 1 package(s) will be affected (of 0 checked):

New packages to be INSTALLED:
        zabbix22-agent: 2.2.9

The process will require 641 KiB more space.
148 KiB to be downloaded.

Proceed with this action? [y/N]: y
Fetching zabbix22-agent-2.2.9.txz: 100%  148 KiB 151.8kB/s    00:01
Checking integrity... done (0 conflicting)
[1/1] Installing zabbix22-agent-2.2.9...
===> Creating users and/or groups.
Creating group 'zabbix' with gid '122'.
Creating user 'zabbix' with uid '122'.
[1/1] Extracting zabbix22-agent-2.2.9: 100%

次は、/etc/rc.confに追加を入れます。

# Zabbix-agent
zabbix_agentd_enable="YES"

更に、設定ファイル系を入れます。

# cd /usr/local/etc/zabbix22
# cp -p  zabbix_agentd.conf.sample  zabbix_agentd.conf
# vi zabbix_agentd.conf

サーバのホスト名やIPなど設定してデーモン起動を行います。


【改訂履歴】作成:2015/05/04


【参照ページ】


 
Copyright © 1996,1997-2006,2007- by F.Kimura,